ホーム>お知らせと日々のこと>新入荷&再入荷 / 器と食卓まわり

新入荷&再入荷 / 器と食卓まわり

小石原 鶴見窯元のうつわたち

 
愛用しているニコンのデジカメが不具合で使えなくなってしまい、
ホームページ用の商品撮影がまったくできない状況。
 
このブログの画像も、
しばらくはiPhone(それも古いやつ)で撮った粗ーい画像になってしまいます。
 
ご容赦を。
 
 
何か月か前の記事で、福岡の小石原を訪ねた話 をしましたが。
 
その時にオーダーをしておいた鶴見窯元・和田義弘さんから、
お皿、鉢、ふたもの、などのうつわが届きました。
 
 
小石原というと民藝陶器の里で、小鹿田とならんで、
表面にらせん状に小さな削りを施した「飛びかんな」という技法が有名。
 
今回入荷したうつわには、どれもトレードマークの飛びかんなが入っていますが、
和田さんは、若い感性を活かして釉薬選びに工夫を凝らしています。
 
土のやさしい風合いに、モダンな作風が加わったうつわは、
和洋問わず、いろいろな料理に使えそう。
 
 
とは言いつつも、
 
あたたかみ、使いやすさ、そしてお値頃感があるところは、やはり小石原ならでは。
民藝的なスタンスだよなー、と思います。
 
一番目の画像のうつわは、和え物や酢の物を盛ったり、鍋料理の呑水として、
デザートに使ってもよさそうだし。
 
二枚目の画像のものは、小ぶりなふたもの。
キャンディー入れに、シュガーポットに、見ているだけでも心なごむ造形です。
 
 
デジカメできれいに撮ってホームページにもUPしたいところなのに、
この画像ではいまひとつ、作品の良さが伝わらなくて、とても残念。
 
鶴見窯元のうつわたち、このほかにも銘々皿や七寸鉢なども入荷していますが、
カメラが復調するまではホームページにUPできません。
 
お時間がある方は、神楽坂のお店で実際に手に取って、
お楽しみいただければ、と思います。
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2013年10月14日)

小石原 鬼丸豊喜窯の作品

 
先月九州に出張した際に、民陶の産地である小石原の窯元を回ってきました。
 
コイシワラ WHERE???
 
東日本の方にはあまり聞き覚えのない地名かもしれませんが、
窯元50数軒を数える福岡の陶郷です。
 
最近はメディアの影響で、小石原焼から派生した小鹿田(おんた)焼の方が、
知名度が高くなっているけれど。
 
九州の民藝における小石原のポジションは、とても重要だと考えています。
 
 
たぶん4~5年ぶりの訪問。
 
前回と同じく、 作風が好きな鬼丸豊喜窯と鶴見窯を回ってきました。
 
鶴見窯では、ほしい作品の数が揃わなかったので、今回はオーダーのみで、
9月あたりの入荷を予定しております。
 
また鬼丸豊喜窯では、数アイテムをその場でセレクトさせてもらって、
そのまま東京に送ってもらいました。
 
というわけで、 昨日6月1日から、鬼丸豊喜窯の作品を店頭に並べております。
 
 
小石原の器の加飾の特徴は、
ろくろを回しながら表面を削っていく「飛びかんな」という技法、
またろくろを回しながら化粧土をストライプ状に塗る「刷毛目」という技法。
 
手作業で大量に素早く模様を付けたいことから、
18世紀当時、必要に迫られて考え出された技法なのだと思いますが。
 
濃いチャコールグレイの土と白い化粧土とのコントラストが抜群で、
いま見ると、とてもモダンでかっこいいんですよね。
 
時代を越えて、グッとくるものがあります。
 
 
特に、この鬼丸豊喜窯、 店主が見て回った限りでは、
「飛びかんな」と「刷毛目」が、 数ある窯元の中でもいちばん美しいと思います。
 
伝統を正確な技術で活かしてゆく職人としての姿勢が潔くて、
数年前にはじめて伺った時から、素晴らしいなあと思っていたのです。
 
 
近いうちにホームページでの販売も考えておりますが、
とり急ぎ、神楽坂の店頭で先行販売させていただいております。
 
使いやすい民藝のうつわですので、ぜひ見に来てくださいね。
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2013年6月2日)

土井朋子さんのかわいらしいガラスの作品をUPしました。

 
土井朋子さんのガラスの作品を、ホームページにUPいたしました。
 
 
一枚目の画像は、リスコップとうさこっぷ。
 
吹きガラスの技術と陶芸的な上絵付けの技術を組み合わせることで、
なんとも面白い、巧まざる表情が生み出されました。
 
見て楽しく、使って楽しく。
眺めるたびに、にんまりしてしまいそうなユーモラスな表情のグラス二種です。
 
 
森の動物のコップ(リス・うさぎ) 各8,400円
 
 
 
そして、二枚目の画像は、「おはなしたまご」という作品。
 
絵柄は、イギリス童話の「三匹のクマ」をモチーフにしたもの。
 
クマの家に迷い込んでしまい、お腹がすいてスープを飲んでしまう女の子、
そして、家に帰ろうとして歩いてるクマの親子の姿。
 
美しい色彩で、かわいらしい絵が描かれています。
 
 
中が空洞のたまごに絵付けし、さらにクリアガラスを被せているので、
水晶玉の中に童話が描かれているよう。
 
合わせ鏡のように、対面に絵が映り込んだりして、
とてもにぎやかな作品です。
 
窓辺に置いてオブジェとして、またはペーパーウェイトとしても。
 
絵柄は、「三匹のクマ」のほかに、「ヘンゼルとグレーテル」もありますよ。
 
 
おはなしたまご・三匹のクマ 19,950円
おはなしたまご・ヘンゼルとグレーテル 18,900円
 
 
 
(2012年7月6日)