ホーム>お知らせと日々のこと>掲載メディアのご案内

掲載メディアのご案内

「MISS plus 6月号」に掲載していただきました。

 
世界文化社から発刊している女性誌「MISS plus 6月号」に、
「神楽坂 暮らす。」の記事を掲載していただいています。
 
掲載していただいたのは、「優木まおみの嫁入り支度Book」という企画。
 
6月に結婚される優木さんなのですが、
ウェディングと新生活へ向けての準備に密着した特集記事です。
 
 
「神楽坂 暮らす。」は、器好きな優木さんのお気に入りのお店として、
千駄ヶ谷の「SHIZEN」さん、銀座の「日々」さんとともに紹介されています。  
 
さすがおしゃれな優木さんだけに、
他にもすてきなお店がたくさん紹介されていましたよ。
 
そんな中に混ぜていただいて、ちょっと恐縮。ありがたや。
 
 
「MISS plus 6月号」、
お近くの書店で見かけたら、どうぞ手に取ってみてくださいね。
 
MISS plus+ (ミスプラス) 2013年 06月号
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2013年5月2日)

成美堂出版「TRAVEL STYLE 東京 2014」掲載のお知らせ

 
東京のガイドブック「TRAVEL STYLE 東京 2014」が、
4月23日に成美堂出版から発売されました。
 
東京の最新情報がもりもりてんこもりのガイドブック。
 
「神楽坂 暮らす。」も、神楽坂街歩きのコーナーで、
ちょこっと掲載されておりますよ。
 
 
東京スカイツリーの開業や東京駅のリニューアルもあって、
今年は東京が注目されているもよう。
 
「神楽坂 暮らす。」も、
この春発売のいろいろなガイドブックに掲載していただきまして。
 
ありがたや。
 
 
このゴールデンウィークは、神楽坂下の喧騒をちょっとだけ離れて、
「神楽坂 暮らす。」で、
日本の手仕事をゆるりと楽しんでいただければ、と思います。
 
 
成美堂出版から発売されている「TRAVEL STYLE 東京 2014」、
お近くの書店で見かけたら、どうぞ手に取ってみてくださいね。
 
TRAVEL STYLE 東京 2014 (SEIBIDO MOOK)
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2013年4月29日)

ぴあ社単行本「大人の東京案内」に掲載されました。

 
「大人の東京案内」という素敵なガイドブックが、
4月19日にぴあ社から発売されました。
 
これは、昨年発刊されたMOOK「大人の東京散歩」を再編集し、
持ち歩きやすいサイズにお色直しをしたものです。
 
「神楽坂 暮らす。」も、前回のMOOKに引き続き掲載されています。
 
 
書店の旅行本コーナーに行くと、るるぶのような総合的な観光ガイドのほかに、
素敵女子向けのかわいいガイドブックなんかも見かけるようになりましたが。
 
それに加え、最近は、大人向けの落ち着いたガイドブックが
増えているような気がします。
 
この間掲載してもらった「婦人画報」の東京ガイドもそうでしたが、
「大人の東京案内」も、心と時間に余裕がある方に向けた素敵な内容ですよ。
 
 
こういう素敵な書籍に掲載してもらえるのは、うれしい限り。
 
神楽坂の裏道にひっそりとたたずむ「神楽坂 暮らす。」で、
器と雑貨を心ゆくまで吟味していただけたら、幸いです。
 
 
ぴあから発売されている「大人の東京案内」、
お近くの書店で見かけたら、どうぞ手に取ってみてくださいね。
 
大人の東京案内―古くて新しい、東京の魅力を再発見!
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2013年4月20日)

「婦人画報5月号」にて「神楽坂 暮らす。」が紹介されました

 
老舗の女性誌「婦人画報」の5月号の特集「極上の東京ガイド」にて、
「神楽坂 暮らす。」が紹介されています。
 
 
「大規模開発施設を巡るだけではわからないこの街の魅力を、
歩き、つぶさに見ることで発見した、最新版東京ガイド」
 
巻頭にそう書かれている通り、通好みのなかなか渋いガイド。
 
さすが「婦人画報」だけあって、洗練された大人の東京特集ですよ。
 
 
特集では、神楽坂の料亭千月さんが大きく取り上げられていて、
「神楽坂 暮らす」も、そのからみでちらりと紹介していただいています。
 
最先端のおしゃれなお店に混じって掲載されているので、
なんだか面はゆい感じもしておりますが、
こうやってたくさんの方に知っていただけるのは、うれしい限り。
 
 
今回の「婦人画報」は、いつもの大きなサイズのもののほかに、。
持ち歩きしやすいハンディサイズの「トラベル版」も発売されています。
 
バッグに入れて、通好みの東京を散策してみてはいかがでしょうか。
 
トラベルサイズ婦人画報 2013年 05月号 [雑誌]
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2013年4月7日)

グラフィスMOOK「粋な和雑貨」に掲載されました。

 
昨年、「神楽坂 暮らす。」が掲載されたMOOK「HIYORI 愛しの和雑貨」。
 
その「HIYORI」が読みやすくコンパクトになって、
「粋な和雑貨」というMOOKに再編集されて、発売されています。
 
東京近郊の雑貨屋さんや食器屋さんが一店舗ずつ丁寧に紹介されていて、
好感が持てるMOOKですよ。
 
 
「神楽坂 暮らす。」も、前回とは少しだけ内容を変えつつ、
今回も引き続き掲載されています。
 
撮影が昨年の秋口だったこともあり、
掲載されている写真が微妙に季節外れなのですが(笑)。
 
そのあたりはご容赦を。
 
 
また、本の中では、店内のディスプレーにも注目してもらっています。
 
巻末の特集ページでも別枠で掲載されているので、
そちらもご覧くださいませ。
 
 
雑貨屋めぐりを兼ねた春の散策にぴったりのMOOKです。
お近くの書店で見かけたら、どうぞ手に取ってみてくださいね。
 
粋な和雑貨 (Grafis Mook BAG in GUIDE)
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2013年3月28日)

MOOK「HIYORI 愛しの和雑貨」で紹介されました。

 
グラフィス出版から発売されている隔月刊の雑誌「Cafe.mag」。
 
その別冊MOOK「HIYORI 愛しの和雑貨」で、
「神楽坂 暮らす。」が紹介されていますので、ご案内いたします。
 
 
「HIYORI」は、「ときめき和雑貨店案内」というサブタイトルの通り、
個人経営のお店を中心に東京+鎌倉の和雑貨店を網羅。
 
一店舗ずつ丁寧に紹介していて、好感が持てるMOOKです。
 
「神楽坂 暮らす。」は、ちょっと大きめで見開き2ページの扱い、
さらに、店内ディスプレーのコーナーでも1ページ裂いていただいてます。
 
都合3ページ。
 
 
実を言うと、撮影が季節の変わり目だったこともあり、
新商品の掲載が間に合わず、ちょっと残念ではあるのですが。
 
それでも、あたたかなイメージのページに出来上がってますよ。
 
お近くの書店で見かけたら、どうぞ手に取ってみてくださいね。
 
 
[追記]
恥ずかしながら、破顔大笑の店主の写真も掲載されております。
あしからず。
 
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2012年10月29日)

本日発売のぴあMOOK「大人の東京散歩」で紹介されました。

 
本日発売のMOOK「大人の東京散歩」(ぴあ株式会社刊)で、
「神楽坂 暮らす。」が紹介されていますので、ご案内いたします。
 
 
「大人の東京散歩」は、その名の通り、大人のための散歩ガイド。
 
日本の伝統の奥深さに触れたりしながら、街の良さを知ろうという
東京のガイド本です。
 
この本の中では、谷根千や日本橋、浅草などと並んで、
神楽坂界隈もクローズアップされています。
 
「神楽坂 暮らす。」も、神楽坂の雑貨のコーナーで、
ちょこっと紹介していただきました。
 
 
まだ暑い日は続いていますが、吹く風は、もう秋。
MOOKを手に、大人の散歩をしてみては いかがでしょうか。
 
神楽坂らしさを感じさせるおいしい料理屋さんや楽しいお店が、
みなさんをお待ちしていますよ。
 
お近くの書店かコンビニエンスストアでどうぞ。
 
 
[追伸]
 
「大人の東京散歩」の地図では、編集の際の手違いで、
「神楽坂 暮らす。」の位置が微妙にずれてしまっていました。
 
迷子になったら、お電話をくださいね。 → 03-3235-7758
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2012年9月13日)

本日発売のガイドブック「神楽坂さんぽ」で紹介されました。

 
雑誌「いきいき」の別冊企画だった「神楽坂へ行こう!」が、
単行本「神楽坂さんぽ」として再編集、発売されました。
 
今回の「~さんぽ」は、前回の「~行こう!」にくらべて、さらにパワーアップ。
 
美味しいもの、楽しいもの、きれいなもの。
神楽坂を神楽坂たらしめているお店を網羅したガイドブックになっています。
 
さらに、文化・文学の町である神楽坂の歴史に着目したコラムも掲載。
町や横丁、路地に対するやさしい視点が感じられる、すてきな一冊です。
 
 
そして、わが「神楽坂 暮らす。」も、
「第4章 手仕事のギャラリーへ」というコーナーの1ページで紹介されています。
 
まだこの地で店をはじめて1年にもならないのですが、
神楽坂の町の一員として載せてもらえて、なんともうれしい限り。
 
簡潔に、そして的確に、店の空気感を伝えてもらっていて、とても好印象。
 
ありがたいことです。
 
 
こちらの「神楽坂さんぽ」(いきいき編集部編)は、
7月13日(金)から、書店にて販売開始しています。
 
書棚で見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。
 
□神楽坂さんぽ(いきいき編集部編) 1050円
 
 
■店主の個人ブログはこちら>> 神楽坂 器 日和。
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。
 
 
 
(2012年7月13日)