ホーム>お知らせと日々のこと>新入荷&再入荷 / 器以外の工芸

新入荷&再入荷 / 器以外の工芸

福田利之さんデザインのブロックプリントハンカチ

 
  201889145434.jpg
 
 
広告や絵本・挿画などで活躍するイラストレータ―・福田利之さん。 
 
そのクリエイティビティを元にした布雑貨のブランドが「十布(テンプ)」です。
 
これまで十布については、福島の刺子織のファブリックを継続して扱ってきましたが、
このたび新たに、インドの職人の手になるブロックプリントのハンカチの取り扱いをはじめました。 
 
ブロックプリントとは、木のハンコに染料を付けて、布に連続紋様を押捺してゆく技法のこと。 
一日に5メートルくらいしか染めることができない手の込んだ手仕事です。 
 
 
福田さんの描画が持つやさしい空気がきちんと反映されているところに惹かれました。 
 
これまで、常設室で扱うお品物は日本のものだけに決めていたのですが、
店主の美感とマッチするテキスタイルなので、国外の手わざではありますが、取り扱うことにしました。
 
当店で扱う日本の器と同じ地平にある手仕事だと思います。
神楽坂の店頭のみでの扱いとなりますが、たくさんの方に手に取っていただけたら幸いです。
 
 
□ブロックプリント ハンカチ(麦を踏む猫・フルーツ・バローダの花/一辺約50.0㎝) 各1620円 
 
 
 
■店主のつぶやきはこちら>> コハルアン on Twitter
■お店の新FBページはこちら>> コハルアン on Facebook
■店主の新ブログはこちら>> コハルアン日乗
 
 
(2018年8月9日)

 

愛媛の上甲清さんのしめ飾りが入荷しました

 
 
201712216497.jpg 
 
 
大変申し訳ございません。 以下の記事に掲載のしめ飾りは限定数を完売いたしました。
何卒ご容赦くださいませ。

 
 
先月は、四国の手仕事を探しに、愛媛に出張しましたが、
そのときに選んできた上甲清さんの注連飾りをオンラインショップに掲載いたしました。
 
今年は定番の「宝結び」のお飾りに加え、一点ものの「海老」のお飾りも。
自然素材ならではの素朴でダイナミックな風合いが魅力です。
 
上甲さんの制作風景については、店主のブログ を参考にしてみてくださいね。
 
 
海老注連飾り 白 4320円
海老注連飾り 黒 4320円
宝結び注連飾り 白 3024円
宝結び注連飾り 黒 3024円
 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖
 
 
 
(2017年12月2日)

うぶすなのお正月飾り・えと縄が入荷しました

 
20171123161728.jpg 
 
 
大変申し訳ございません。 以下の記事に掲載のお飾りは限定数を完売いたしました。
何卒ご容赦くださいませ。

 
 
来年の干支・戌の人形をあしらったお正月飾り・うぶすなのえと縄が入荷しました。
 
毎年好評を博している、かわいい「こしめなわ」(画像の商品)をメインに、
大きくて立派な「輪飾り」や手のひらサイズの「戌飾り」を取り揃えています。
 
さきほど、オンラインショップにも掲載しましたので、どうそご覧ください。
 
 
干支は一年の守り神。
美しく愛らしいお飾りとともに新しい年を迎えてみてはいかがでしょうか。
 
また、メールや電話でのお問い合わせ、ご注文も承りますので、どうぞご遠慮なく。
 
 
福戌 こしめなわ 1620円
福戌 輪飾り 3888円
笑門来福 戌飾り(全二種) 594円
 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖
 
 
 
(2017年11月12日)

来年の干支、戌の仙台張子が入荷しました

 
20171112162115.jpg 
 
 
毎年年末が近づくと、翌年の干支を象った仙台張子を販売していますが、
今年も、来年の干支・戌の張子が入荷しました。
 
仙台張子というのは、戦後、たかはしはしめ工房で考案された郷土玩具。
 
ちぎり絵の要領で絵柄を作り出しており、
和紙の風合いを生かした、素朴でかわいらしい造形が特徴です。
 
 
古くから、干支はその年一年の守り神だと言われてきました。
ご自分用に、または年末年始のちょっとした贈りものとしても喜ばれそうな逸品です。
 
また、メールや電話でのお問い合わせ、ご注文も承りますので、どうぞご遠慮なく。
 
 
仙台張子・戌(全長9cm×高さ5cm) 1296円  
 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖
 
 
 
(2017年11月12日)

前田ビバリーさんの張子人形

 
201768163240.jpg 
 
 
6/3からはじまった企画展「古くて新しいもの」。
 
展示DM等には記載していないのですが、この展示に合わせて、
前田ビバリーさんにクラシックな雰囲気を持つ張子人形を作ってもらいました。
 
どれもかわいらしく頬が緩んでしまうような作品ばかり。
ビバリーさんの作品も、展示と合わせてお楽しみいただきたいと思います。
 
作品についてのお問い合わせは、お電話もしくはメールでどうぞ!
 
 
■出品作品
□福助
□福良雀
□みみずく
□お多福ダルマ
□黒招き猫
□ひねり鳩  
 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖
 
 
(2017年6月8日)

 

zucuの注染てぬぐい

201761191612.jpg 
 
 
今日から6月。
ついに蒸し暑い季節がやってきました。 
 
そんな中、「神楽坂 暮らす。」では、今年もzucuの注染のてぬぐいを販売しています。 
今シーズン販売するてぬぐいは、6種類にしてみました。  
 
ポップでかわいいものが多いzucuの絵柄ですが、  
扱っている器の雰囲気に合わせ、かわいさの中に洒脱な雰囲気を湛えている絵柄のものをセレクトしたつもりです。  
 
これからの季節、てぬぐいは重宝しますので、みなさんに楽しんでいただきたいと思います。 
 
 
□アズレージョ(マスタード) 左上 1620円
□アズレージョ(群青) 左下 1620円
□ダイヤ(紺)中上 1620円
□マルキリキラ(水色) 中下 1404円
□さしわけ小柄(緑・新色) 右上 1620円
□さしわけ小柄(紺) 右下 1620円
 
 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖
 
 
(2017年6月1日)

 

新潟の手仕事・藁座が入荷しました

 
  201751114405.jpg
 
 
新潟から「藁座」が入荷しました。 
 
昔から新潟の中越地方に伝わるわら細工で、 
4月に青刈りしたわらを熟練の職人さんが丁寧に編み込んだ手仕事です。 
 
しっかりと編み込むことにより、程よい座り心地を実感してもらえる仕上がりになっています。 
 
日々暑くなるこの季節、 
椅子敷きとして使ったり、フローリングのお部屋で座布団代わりに使ったり、 
楽しんで使っていただければ、と思います。 
 
こちらは店頭のみでの販売となりまして、オンラインショップでの販売は予定しておりませんが、 
お問い合わせは随時受け付けておりますので、どうぞご遠慮なく。 
 
 
□藁座(径約35㎝) 6696円 
 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖
 
 
(2017年5月11日)

 

たかはしはしめ工房の酉の仙台張子

 
201611261668.jpg 
 
 
毎年年末が近づくと、翌年の干支を象った仙台張子を販売していますが、
今年も、来年の干支・酉の張子が入荷しました。
 
仙台張子というのは、戦後、たかはしはしめ工房で考案された郷土玩具。
 
ちぎり絵の要領で絵柄を作り出しており、
和紙の風合いを生かした、素朴でかわいらしい造形が特徴です。
 
 
古くから、干支はその年一年の守り神だと言われてきました。
ご自分用に、または年末年始のちょっとした贈りものとしても喜ばれそうな逸品です。
 
また、メールや電話でのお問い合わせ、ご注文も承りますので、どうぞご遠慮なく。
 
 
仙台張子・酉(全長8cm×高さ7cm) 1296円  
 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖
 
 
 
(2016年11月26日)

中村亜紀子さんの新作のウールの椅子敷

 
20161123153337.jpg 
 
 
今年も秋冬の到来に合わせて、中村亜紀子さんのウールの椅子敷きの新作が登場しております。
 
長崎在住の中村さんの手になる椅子敷は、
ウール100%の毛糸を束にして、木枠に張った木綿の縦糸に結びつけて織り上げたもの。
 
この織り方は、「トルコ結び」と呼ばれ、ペルシャ絨毯にも使われている技法です。
 
ウールの毛足を長くカットしており、ふかふか。
柔らかすぎず硬すぎず、なんとも言えないやさしい手触りに心なごみます。
 
 
中東由来の技法で織られたものなのでエスニックな雰囲気はありますが、
色彩に関しては日本の風土や生活にあったやわらかな感覚を持っています。
 
これは中村さんの創意工夫が活かされた結果。
 
茜の根や蜜柑の皮などの天然染料で染めた毛糸を部分的に使用することで、
このようなやさしい色と雰囲気に仕上げることができるのです。
 
 
中村さんの作品は、企画展「あたたかな色」で先行展示をしておりましたが、
現在、常設コーナーで販売しております。
 
それに合わせて、オンラインショップに中村亜紀子さんの作品ページを作りましたので、
どうぞごらんくださいませ。
 
 
中村亜紀子作品ページ 

 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖

 
 
(2016年11月23日)

福島の刺子織のコースター

 

201679131918.jpg
 
 
福島・三和織物の刺子織のコースターが新たに入荷いたしました。
 
以前からコースターやランチョンマット類については、多くのお問い合わせをいただいていたのですが、
心に掛かるものがなかなか見つからず、これまでは取り扱ってきませんでした。
  
今回入荷したのは、独特の幾何学文様を織り込んだ刺子織のコースターで、
クリエイターの福田利之さんのデザインによるテキスタイルを使用。
 
もともとは福島に生まれた民藝的な織物である刺子織ですが、
福田さんの視点が入ることで、モダンな中にポップなかわいらしさを宿す綿布に仕上がりました。
 
プロダクトでありながらも、手仕事の記憶が垣間見えるところがいいですね。
 
 
201679132049.jpg
 
 
こちらの商品は、大きな図柄の布を裁断して加工しているので、一点一点現れる模様が異なります。
 
そのため、当面はオンラインショップでのご紹介はせずに、
神楽坂の店頭のみでの販売とさせていただこうと考えております。
 
ご来店できないお客様のために、メールでのお問い合わせにはお応えしてゆくつもりですので、
トップページのお問合せフォームよりお尋ねいただきますよう、お願いいたします。
 
 
□刺子織のコースター (辺約11.0cm) ネイビー・ブルー・ライトブルー・レッド 各色486円
 
 
 
■お店のFBページはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Facebook
■店主のつぶやきはこちら>> 神楽坂 暮らす。 on Twitter
■店主の個人ブログはこちら>> 道草雑記帖
 
 
(2016年7月9日)