ホーム>企画展情報>うつわの展示>4月3日より、展示「淡き春のひざしに」を開催
うつわの展示

4月3日より、展示「淡き春のひざしに」を開催

4月3日より、展示「淡き春のひざしに」を開催

 
4月の展示のお知らせです。
 
4/3からの約三週間、展示室コーナーでは、「淡き春のひざしに」を開催。
小林裕之さん希さん(ガラス)と矢萩誉大さん(磁器)の作品をご紹介いたします。
 
お二組とも、繊細かつ美しい陰翳を持つ器を制作。
今回の展示が初顔合わせですが、素敵な展示になりそう。
 
 
また、後日別途ご案内しますが、コロナウィルス感染拡大への対応策として、
会期中は、各週、木曜から日曜までの四営業日での運営といたします。

 
三週間と長めの会期を予定していますので、
無理せず、ゆとりをもってご覧いただければ幸いです。
 
 
小林さんと矢萩さんの作品には、すっと背が伸びるような感覚があります。
新しい芽ばえのシーズンを、静謐な印象の器とともに。
 
新年度初回の展示、どうぞおたのしみに。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
淡き春のひざしに
4月3日(金)~24日(金)
*店休日は トップページ のカレンダーを参照(状況により変更もあり得ます)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
(2020年3月14日)